低用量ピルが生理不順を改善するのはなぜ?

最近は、日本でも低用量ピルの人気が高まっています。
低用量ピルには、女性ホルモンが含まれており、毎日1回服用すると、排卵を抑制します。
そして、子宮内膜の増殖も抑えてくれるのです。
ピルには、様々なメリットがありますが、大きなメリットは、コンドームよりも高い避妊効果です。
正しく服用することで、ほぼ100%避妊できるので、特に仕事を抱えている女性に人気があります。
最近は、望まない妊娠で悩む若い女性が増えています。
ピルを使えば、コンドームと違って女性主導で避妊することができます。
コンドームによる避妊は、失敗するケースもあります。
低用量ピルは、性交渉をする前に避妊が完了しているので、妊娠したくない女性にとって、性交渉に対する不安がなくなります。
低用量ピルを服用すると、ピルに含まれているホルモンの働きで、脳下垂体が妊娠したと思い込み、黄体化ホルモンの分泌を抑えます。
その結果、避妊が可能となるのです。
低用量ピルは、避妊だけでなく、生理不順の改善も期待できます。
低用量ピルを服用すると、出血が規則的に起きるようになるのです。
最近は、ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビで悩む女性が増えています。
低用量ピルは、ホルモンバランスを整えるため、ニキビの改善にも効果的です。
月経血量が多くて毎月困っている人は、ピルを服用することで、子宮内膜が薄くなるため、月経血量が減少する可能性があります。
日本では、月経前症候群で苦しんでいる女性が多いのですが、ピルには、月経前のイライラを解消し、生理痛を軽くする効果が期待できます。
ピルを服用したい場合は、婦人科で処方してもらえます。
ただ、歴史が浅い薬なので、全ての婦人科で処方されているわけではないです。
ですから、事前に低用量ピルを扱っているかどうかを調べてから病院へ行った方がいいです。